三つのトレードの違い


 FXの取引きでは、新規の売買注文を立て、通貨を保持し、為替レートの変動で通貨に評価損益が生まれるのを待ち、決済の売買注文を入れて通貨を解消し、利益や損失を確定させていく、という事を一連の流れで行っていきます。

この取引きを行う際には「裁量トレード」と「システムトレード」いった手法を用います。
裁量トレードとは、その場で取引きを行っていくことを指し、文字通りその時の為替レートの状況などに合わせて、自分で取り決め取引き進めていくことになります。
多くの場合は、為替レートを見ながらその場の判断でリアルタイムに取引きを行っていくこととなります。
この裁量トレードは、常に為替レートの変動などを見続けていく必要があり、心理的にも精神的にも負担が大きくなるため、思わぬ判断ミスや心理的な要因から、冷静な取り引きを行えないというデメリットも抱えています。

これに対してシステムトレードは、冷静な状態であらかじめ自分の取引きのルールと条件設定を決めておき、実際の取引きを行う際には、そのルールなどに従って取引きを進めていくトレード手法になります。
システムトレードでは、その場の為替レートの状況に取引きを合わせる必要がないため、心理的負担も少なく、常に機械的な取り引きを行うことができます。

このシステムトレードをさらに推し進めたものが「自動システムトレード」になります。
近年では、取引きは主にパソコンやスマートフォンなどのモバイル端末から、取引システムソフトを利用して行われます。
自動システムトレードは、システムトレードで作ったルールや条件設定などを、この取引システムソフトにプログラムしておくことで、投資家が何をせずとも、システムトレードの設定に基づいて自動的に投資取引を行う仕組みになります。

FXでの銘柄になる通貨は、外国為替市場の為替相場にて取引きをされています。
外国為替市場は平日であれば24時間ずっと開いていますので、この自動システムトレードを使うことで、投資家が寝ている間や、旅行に行ったりしている間でも、どんどんと投資取引を繰り返して利益を積み上げてくれるのです。

この自動システムトレードの普及により、忙しい主婦やビジネスマン、投資取引の初心者などもFX取引を行えるようになったのです。

また、この自動システムトレードもどんどんと進化しており、今ではプロの投資が作成したルールや条件設定のプログラムなども売り出されたり無料で配布されたりするようになりました。
最近ではこうしたものにも細分化が進み、プロ投資家の設定を自分の取引きのスタイルや好みに合わせて選択設定が行える設定型のものや、これらをさらに細かく設定し自らでプログラミングが行えるようにした開発型のものなども現れてきています。

このように、FXでは取引きのやり方そのものにまで、多様な変化が生まれるようになりました。それぞれにメリットとデメリット、投資家のライフスタイルに合わせた利用の方法などがありますので、まずはFXを取り扱う業者に確認をしてみるのが良いでしょう。